自動車免許で失敗しない選択

初めての自動車免許はATとMTどちらがお得?

自動車免許をとろう!

ATはオートマ車の略語です。 一般的にはMTよりも運転が楽といわれていますが、車好きの人の中にはMTの方がいいという人もいます。 AT車はどのような車なのでしょうか? AT車のメリットやデメリットにどのような点があるのでしょうか? AT車について、詳しく見てみましょう!

AT車の魅力

18才になったら自動車免許がとれます!
厳密にいうと、18才の誕生日の2か月前から教習上に通えます。

免許を取るには教習所といわれる、指定自動車教習所に通わないといけません。
通う前に取得したい免許の種類を決めて申し込みます。
また、なるべく短い時間で取りたい!という人向け合宿で集中講義を受けることもできます。
興趣上では机上の講義と実技があり、本番の試験でも両方があります。
始めは教習場内の公道に見立てた道を走りますが、仮免許を取得できると公道を走ることもできます。
教習所は最後に卒業試験があり、それに合格すると卒業証書がもらえ、この後の試験場や免許センターでの試験の1つ、技能試験が免除されます。
この卒業証書の有効期限は1年なので、できるだけすぐに試験を受けに行くようにしましょう。
本番のテストでは証書があれば適性試験と学科試験の2つです。
適性試験は教習所に行っていればほぼ落ちることはないと言われていますので、リラックスしていきましょう。
学科試験は9割以上正解しないと合格できませんが、道を走る上でのルールなど、車を乗るのであれば位知っておかないといけないことでもありますので、しっかり勉強しておきましょう。
試験に合格できたらその日のうちに免許を取得できます。

車の免許を取る流れをご紹介しましたがいかがでしたか?
初めての免許でしたら学科試験よりも、教習所での実技の方が心配かもしれませんね。

教習所に通う前に免許の種類を決めないといけませんが、普通の車だけでいいといっても、AT限定とMTの2種類があります。
今後も考えた方がいいのか、費用が安くて早い方がいいのか。
どっちの方がお得なのでしょうか?

MT車の魅力

MTはマニュアル車の略語です。 昔でしたらMTも運転できるように免許を取る人も多かったですが、最近ではAT車限定で免許を取る人も増えています。 それは何故なのでしょうか? MTの魅力がないということなのでしょうか? MTのメリットやデメリットはなんなのでしょうか?

結局免許をとるならば?

AT車とMT車のメリットとデメリットを踏まえて、初めて免許をとるのであればどちらの方がお得なのでしょうか? どれぐらい乗りそうなのか、乗りたい車は? 実家だと共有で乗れる車があるかもしれませんね。 免許をとるには大きなお金がいるのでしっかりと決めてから免許を取りに行きましょう。

TOPへ戻る