自動車免許で失敗しない選択

初めての自動車免許はATとMTどちらがお得?

自動車免許をとろう!

AT車

オートマ車は運転の際にクラッチの操作が不要でできます。
足で操作をするのはアクセルとブレーキの2つ。
片足で操作が可能です。

またシフトチェンジもしなくてもいいので、誰が操作しても燃費効率が大きくかわることがありませんし、運転中手は基本的にハンドルを握っているだけでできます。
ただし、運転が上手で、チェンジがうまくできる人と比べると燃費は悪くなります。
自動でシフトのアップやダウンができるので、エンストも起こりません。
エンストが起こると車のエンジンが停止してしまい、ちょっとカッコ悪い思いをすることになりますが、ATでしたらその面では安心です。

これらから、ATの方が運転が簡単そうに感じるかもしれませんね。

メリットとデメリット

メリットは乗り物の運転が苦手という人でも、短時間で運転に慣れやすいということです。
実際に車の免許をもっている人でも、経験があまりない人はMTで免許を取っていても、AT車でないと運転できない!ということもあります。

また教習所での講習費ですが、AT限定の方が少しお得です。
また講習時間ですが、AT限定にすると技能講習の時間が少し短くなります。
ただし、後でやっぱりMTも追加したいとなると、初めからMTでとった方がお得です。

逆にデメリットもあります。
ニュースでたまに出てくる事故で、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」というものがありますが、その多くがAT車です。
運転が容易な分、運転に慣れていない時、老化などで判断が鈍った時に間違いがおこりやすいかもしれません。

また就職先によってはMT車の運転が必要になる時もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る